MEGU Racing(碧志摩メグ -AOSHIMA MEGU- × HAMAGUCHI Racing Team)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
MEGU Racing ロゴ
俺たちが世界へ持っていく!!

痛単車(痛車)文化は世界へ広める価値がある! 日本の漫画・アニメのキャラクターは、世界的に大人気なのは皆さんもご存じのとおりです。
そして我々モータースポーツの世界は、外国人の興味を持つ割合が日本人と圧倒的に違います。
そこに、日本のキャラクター文化や若者のパワーを取り込むことで、世界的な影響力と話題は確実に向上すると考えました。
ヨーロッパではもちろん人気なのですが、アジア各国、発展途上国におけるモータースポーツへの憧れが急激に進んでおり、
様々なマーケティング、更には日本への観光誘致へと繋がる事と実感し、このプロジェクトに取り掛かりました。

フランスでの高評価! 我々は2013年、日本人として初めて、痛単車(痛車)を
フランス ル・マン24時間耐久レース(オートバイレース)で登場させました。
その時の外国人メディアの反応や観客の声援を肌で感じております。
だからこそ実現したい! 世界への挑戦!!

痛単車(痛車)で世界1位をとる! 夢 ただ出場するだけではなく、レースは本気で優勝目指して戦います!
痛単車(痛車)を世界のトップレーサーが操り、世界で戦う姿を実現させるのが夢です。

まずは我々の本拠地で、世界的に有名なモータースポーツの聖地"鈴鹿"で開催される
国内最高峰オートバイレース『鈴鹿8時間耐久ロードレース』への出場を目指します。
それに向けては多額の資金が必要です。スポンサーの皆様の協力なしには実現できません。

"鈴鹿"と"秋葉原"の両聖地がタッグを組み、本気で世界へ挑戦! このたび個人スポンサー制度も導入して、みんなで力合わせる環境を構築しました。
どうぞこの新たな挑戦に共に戦っていただき、新たな日本の象徴として
痛単車を世界のフィールドで活躍させてください!!

一人一人の力が世界をとる! そんな挑戦がこのプロジェクトなのです!

MEGU Racing
(AOSHIMA MEGU x HAMAGUCHI Racing Team)
チーム監督 浜口喜博

《 浜口喜博プロフィール 》
2001年TBSバラエティ―番組『ガチンコバリバリ伝説』出演。番組内で鈴鹿8時間耐久ロードレースへ初出場を実現させ、プロレーサーとなる。同大会へは、2013年まで13年連続13回の出場。また2013年には、日本人として初めてフランス ル・マン24時間耐久レースへ『痛単車』を持ち込み出場する。フランス大会を最後に選手としては引退を表明。現在チームオーナーとして様々な活動をしている。